新会長に北原氏 日本旅館協会関西支部連合会

  • 2018年6月13日

北原新会長

 日本旅館協会関西支部連合会は5月28日、ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)で通常総会を開き、役員改選で新会長に北原茂樹氏(旅館こうろ)を選んだ。増田友宏前会長(春日ホテル)は相談役(兼理事)に就いた。

 北原新会長は「民泊問題も含めて業界が戦国時代に入る。世間では観光業はこれからの花形産業といわれているが、実際は地方が疲弊し、まだ再建途上の旅館もある。供給過剰の状態は今後も続くと予想している。今こそがんばらなければならない。お力添えをいただきたい」と述べた。

 増田前会長は「民泊の届け出は非常に低調だが、大阪、京都については簡易宿所が増えていると聞く。民泊の年間180日の制限が効いているようだ。ただ、仲介サイトが闇民泊を全て排除できるのかという大きな疑問がある。闇民泊をなくすための行動をわれわれは行う」とあいさつ。

 日本旅館協会本部の針谷了会長(湯元舘)は本部報告を行い、「事業を活性化し、会費を下げ、現金を残せた」と説明。民泊については「世界的に規制強化される中、日本だけ緩和した。3年後の見直しだが、その時に良くないということを訴えていくべきだ」と述べた。

 30年度の事業計画は(1)旅館の魅力を発信して雇用につなげる(総務企画委員会)(2)日旅協DRS(ダイレクトリザベーションシステム)への加入促進(IT戦略委員会)(3)インバウンド誘客のための市場開発と日本旅館ホテルのPR(観光立国委員会)(4)労働生産性向上に関する調査および研究(労務委員会)(5)旅館業務の生産性向上・再現性、IT・AI化の研究(青年グループ)―など。


北原新会長

関連する記事

本白根山噴火の被害なし 上信越高原国立公園の中にある万座温泉(群馬県嬬恋村)。標高1800メートルの場所にあり、「車で来れる、一番高いところにある温泉地」と万座温泉観光協…

続きを読む

日本観光振興協会と道路行政のシンクタンク、日本みち研究所は12日、地域活性化に向けた支援活動を協働で行う連携協定を結んだ。観光の切り口で「道の駅」の機能を強化、地域との連…

続きを読む

山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長、326会員)の2018年度通常総会が5月29日、山形県上山市の「日本の宿古窯」で開かれた。18年度事業計画、収支予算を承…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会