山梨県版CDC開所

  • 2021年4月17日

 米疾病対策センター(CDC)をモデルにした山梨県版CDCが創設され、1日開所した。新型コロナウイルスをはじめとする感染症対策の司令塔となる。長崎幸太郎知事が創設に意欲を示し、知事直轄の組織となる。県の積極的な対応に観光関係者からは「山梨の観光は安全安心というイメージ拡大につながる」と評価の声が上がっている。

 山梨県感染症対策センター、通称・山梨県版CDCは県庁内にあった感染症対策などに関する部署を集約した。トップである総長には、厚生労働省疾病対策課長などを務めた藤井充・前知事政策補佐官が就いた。

 知事は1日の会見で、「(開所は)県の感染症対策をさらに高いレベルへ引き上げるための出発点となる。いかなる感染症に見舞われても、地域全体で適切な制御が図れる超感染症社会への移行に向けて、さらにスピードアップし、歩みを進めていく」と強調した。

 山梨県版CDCには、国内外の専門家3氏で構成する「グローバル・アドバイザリー・ボード」が国内外の最新情報や大局的な判断を行う。また、県の専門家会議のメンバーだった山梨大医学部付属病院と県立中央病院からの2氏が「県内専門家」として参画する。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら