宿の人材育成で連携 全旅連青年部とJAL

  • 2021年4月26日

締結書を持つ全旅連青年部の鈴木部長(右から3番目)とJALの中原センター長(左から3番目)

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部は15日、日本航空(JAL)と人材育成で連携協定を締結した。JALのサービス教育プログラムを全国各地の青年部の宿で実施。旅館・ホテル従業員の、特に訪日外国人に向けたもてなし力向上を図る。

 JALは社内認定を受けた客室乗務員が講師になり、マナーやサービスに関する教育を社外の企業や団体で行う「JALビジネスキャリアサポート」を今月から始めている。

 全旅連青年部は同プログラムの受講により、JALが長年培った外国人へのサービスや異文化コミュニケーションのノウハウを習得。コロナ後を見据え、訪日客の受け入れ態勢を強化する。

 第1弾を今年5月、岩手県雫石町の旅館・ホテルで行う。

 同日、東京・日本橋のホテルかずさやで連携協定の締結式を行った。全旅連青年部の鈴木治彦部長(岡山県・名泉鍵湯奥津荘)は「コロナ禍の今だからこそできることをと始めた事業。アフターコロナに向けて、しっかりと準備をしたい」、JAL総合政策センターの中原太センター長は「プログラムが旅館・ホテルの人材育成、サービス品質の向上に貢献できればうれしい」とあいさつした。

 締結式に続き、青年部員ら14人がプログラムの簡易版を約1時間受講した。受講者の1人、お宿かんざし(福島県岳温泉)の二瓶明子社長は「さまざまな国の文化を理解することは、日本のおもてなしに深みを与えることにつながる。(宿に)戻って実践したい」と受講の感想を述べた。

締結書を持つ全旅連青年部の鈴木部長(右から3番目)とJALの中原センター長(左から3番目)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram