安倍首相、「地方創生の起爆剤、観光先進国実現へ」

  • 2018年9月11日

観光戦略実行推進会議(画像・首相官邸ホームページから)

 8月31日に首相官邸で開かれた観光戦略実行推進会議には、安倍晋三首相が出席した。会議の議論を踏まえた安倍首相の発言は次の通り。

   ◇  ◇

 私が、世界の人たちをひきつける観光立国を推進すると宣言してから5年半、政府一丸、官民を挙げて取り組んだ結果、外国人旅行者は3.5倍、消費額は4倍に拡大し、2020年に外国人旅行者数は4千万人という大きな目標の達成がいよいよ視野に入ってまいりました。

 外国人旅行者の滞在先も全国に広がり、この5年で地方での宿泊者は4倍に増加いたしました。

 私の地元には、赤い鳥居が海に向かって続いていく元乃隅稲成神社という小さなお社があるのですが、かつては数百人、多くて数千人しか訪れなかったのでありますが、CNNが紹介し、インスタ映えすると、評判になりまして、昨年はなんと100万人が訪問したということでございました。これが意味するところは、今まで買い物中心の旅であったわけでありますが、そこにしかない風景、そこでしかできない体験、経験型の旅に変わるわけであります。これは地方にとっては大きなチャンスであろうと思います。

 観光を地方創生の起爆剤として、観光先進国を目指してまいります。そのためにも、まず、平成30年7月豪雨などによる訪日数への影響を一刻も早く回復する必要があります。

 本日から、被災11府県を対象に、宿泊料金が割引される「ふっこう周遊割」も開始します。これが復興の弾みとなるよう、官民一体となって地域への誘客につなげていただきたいと思います。

 地方の声に徹底して耳を傾ける。これは安倍内閣の基本方針であります。本日うかがった被災地の声をしっかり受け止め、また、熊本の経験を生かしながら、世界への情報発信、誘客促進など、あらゆる対策を、総力を挙げて講じていくようにお願い申し上げます。

 目標年次の2020年まで、残り2年。本日の観光戦略実行推進会議の開催を機に、今一度アクセルを踏み込み、観光先進国の実現に向けて一気呵成(かせい)に取り組んでまいります。


観光戦略実行推進会議(画像・首相官邸ホームページから)

関連する記事

文化政策の定量的な評価を可能にしようと、ユネスコ統計局と国連統計部が文化の世界標準化に向け動いている。10月31日~11月2日には日本で初めての会議が開かれ、日本政府がプ…

続きを読む

観光庁の宿泊旅行統計調査の結果、2018年8月の宿泊施設の客室稼働率(2次速報値)は、前年同月比0.7ポイント増の69.4%だった。28都道県が前年同月の数値を上回った。…

続きを読む

経済産業省は10月24日、観光予測ビッグデータ分析コンテストを開始した。ビッグデータを基にデータ分析の精度などを競うアルゴリズム(計算・処理手順)開発のコンテスト。課題は…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube