埼玉県深谷市に大河ドラマ館オープン 来場者目標は50万人

  • 2021年2月25日

ドラマ館の会場となる深谷生涯学習センター・深谷公民館

市長「新たな観光の始まり」

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」(主演・吉沢亮)の主人公、渋沢栄一の生誕地である埼玉県深谷市で15日、「渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館」のメディア向け内覧会が行われた。小島進市長も顔を見せ、ドラマ館の集客効果に期待を寄せた。

 ドラマは14日スタート。関東地区の平均視聴率は20.0%だった。初回が20%の大台に乗ったのは13年の「八重の桜」(同・綾瀬はるか)の21.4%以来で、実に8年ぶりという。

 会場はJR深谷駅から徒歩約15分にある「深谷生涯学習センター・深谷公民館」の1階部分の約650平方メートル。渋沢が生まれ育った家として創作されたセットでは、登場人物の衣装や小道具、主な出演者のサイン入り色紙などが展示され、メーキングビデオの上映もある。ドラマの進行に合わせて展示内容を更新する予定だ。

 開館期間は来年1月10日までで、約50万人の来場を見込んでいる。入場料は18歳以上が800円、小中高生400円。団体料金はそれぞれ640円、320円。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、混み合う場合は入場制限などを行う。

 小島市長は「市民の関心も高く、深谷の新たな観光振興がスタートする。深谷に何度でも足を運んでもらえるような仕掛け作りをしていく」と抱負を述べた。

ドラマ館の会場となる深谷生涯学習センター・深谷公民館

渋沢の生家「中の家」のロケセットを再現

登場人物の衣装

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら