国営公園12ヵ所で入園料見直し~国交省、4月から施行実施

  • 2018年1月17日

 国土交通省は全国17カ所の国営公園のうち、12カ所で入園料を見直す。小中学生は無料、旅行商品に団体料金を適用―などが柱で、4月1日から実施する。来年3月まで1年間試行し、実績や利用者の反応などを探り、適正な入園料のあり方を検討する。

 同省は国営公園などを訪れる入園者を2020年度に4800万人にする目標を掲げており、今回、利用者増を目指した施行に踏み切った。残り5カ所のうち、飛鳥・平城京跡歴史公園(奈良)など4カ所は現在でも入園料を徴収していないという。

 4月から原則80円としている子ども入園料を無料にする一方、高校生以上の大人は410円から450円に値上げする。団体料金は現状「20人以上が対象」としているが、「公共交通機関や旅行会社などが販売する旅行商品に団体料金を適用」に変更する。

 また、これまでなかった「2日間通し券」を新たに設け、料金は大人一般で500円とした。

 対象となるのは、滝野すずらん丘陵公園(北海道)、みちのく杜の湖畔公園(宮城)、常陸海浜公園(茨城)、武蔵丘陵森林公園(埼玉)、昭和記念公園(東京)、越後丘陵公園(新潟)、アルプスあづみの公園(長野)、明石海峡公園(兵庫)、備北丘陵公園(広島)、讃岐まんのう公園(香川)、海の中道海浜公園(福岡)、沖縄記念公園(沖縄)。

関連する記事

7日に成立した政府の2018年度2次補正予算で、観光庁予算には、宿泊施設のバリアフリー整備を促す補助事業と、外国人旅行者の災害発生時の安全・安心確保に関する公共交通機関へ…

続きを読む

関東運輸局は8日、東京都内で第5回「広域関東学生インバウンド旅行企画コンテスト」の最終審査・表彰式を開いた。最高賞のグランプリは茨城県の清真学園高等学校が受賞。昨年の第4…

続きを読む

東日本大震災の発生から8年を迎えるのを前に、被害の記憶の風化を防ごうというイベントが10日、東京都内で開かれた。福島県の内堀雅雄知事をはじめ、東北4県の関係者が復興への取…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube