国交省、みなとオアシスに勝浦の拠点を登録

  • 2020年10月3日

 国土交通省は9月19日、「みなとオアシス勝浦」(千葉県勝浦市)を港のにぎわい拠点となる「みなとオアシス」に登録した。

 勝浦を代表する施設が「KAPPYビジターセンター」で、JNTOが認定する外国人観光案内所にもなっている。市内の観光、飲食、イベントなどの情報を一括で提供するほか、レンタサイクルの貸し出しも行っている。

 ここを中心に住民参加による地域振興の取り組みが継続的に行われることで、「住民の交流促進や地域の魅力向上につながることが期待される」(同省産業港湾課)としている。

 周辺には400年以上の歴史を持つ「勝浦朝市」や、日本最大級の海上アスレチック「かつうらウォーターアイランド」を開催する勝浦中央海水浴場を含む四つの海水浴場、鵜原沖合60メートルに位置する「勝浦海中公園センター」の海中展望台など、海のレジャーが楽しめる施設が充実している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram