四国主要観光地の21年度観光客、7%増の799万人

  • 2022年9月7日

 四国運輸局の「主要観光地入込状況調査」によると、2021年度に四国の主な観光地を訪れた人は799万人で、前年度から7.4%増えたものの、新型コロナウイルス感染拡大前の19年度と比べると42.9%の大幅減となっている。

 各県15カ所、計60カ所について調べた。前年度増となった要因は、(1)施設の開館日数増(2)教育旅行の実施(3)イベント開催(4)県民割の利用による上振れ―があったとしている。

 また、「ワクチン接種が進んでいることや感染症対策に配慮しながらレジャーを楽しむ旅行者が増えているとともに、団体旅行も徐々に戻りつつある」という。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram