口コミ情報数増加、日本への関心が上昇~トリップアドバイザーがデータ開示

  • 2017年10月11日

日本法人の牧野社長が説明

 世界最大の旅行口コミサイトであるトリップアドバイザー(東京都渋谷区、牧野友衛・日本法人社長)は9月29日にメディア向け説明会を開き、サイトの口コミ情報数などの動向を紹介した。

 世界規模では、1年前と比較して、平均月間訪問者数は3・5億人から4・15億人に、口コミ情報数は3・85億件から5・35億件に、スマホアプリのダウンロード数は3・4億件から4・2億件にそれぞれ増加。

 国内ユーザーについては、同様に1年前と比較して、国内旅行先閲覧者と海外旅行先閲覧者の比率が、72対28から77対23となり、「国内旅行での利用率が増加している」とした。

 牧野社長はさらに「旅行先としての日本への関心が高まっており、海外からの日本の観光情報の閲覧数は2013年度以降増加している。2015年は前年比33%増、2016年は同19%増となった」と述べ、インバウンド旅行客増加に伴って、多様な観光情報へのニーズが高まったことを示した。

 日本の旅行口コミ情報を閲覧した国の2016年の上位20カ国・地域も紹介。米国、中国、台湾、香港、オーストラリア、シンガポール、韓国、英国、タイ、マレーシア、カナダ、フィリピン、インドネシア、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、オランダ、インド、ブラジルの順だったとした。

関連する記事

ジャルパックは1月29日、2018年度の上期の国内、海外商品の発表会を東京都品川区のジャルパック本社で開催した。取り扱い目標は、国内が前年比増減なしの74万6千人、海外が…

続きを読む

日本航空(JAL、植木義晴社長)と、合法民泊予約サイトを運営する百戦錬磨(上山康博社長)は8日、業務提携を行ったことを発表した。JALは昨年、百戦錬磨へ数%資本出資。民泊…

続きを読む

バス旅行情報サイト「バスとりっぷ」は、月間ユーザー数が56万人突破したと発表した。 株式会社LCL(本社:東京都中央区、代表取締役:村上公浩)が運営をする高速バス・夜行バ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?