北海道新幹線、ダイヤ改正で「4時間切り」アピール

  • 2019年4月5日

 北海道新幹線の東京―新函館北斗間の所要時間が16日のダイヤ改正で最短3時間58分と4時間を切った。北海道、JR北海道などは26日の開業3周年と時短を記念して、利用促進のキャンペーンを行っている。

 青函トンネル内の新幹線の運転速度を時速140キロから160キロに高速化。所要時間を4分短縮した。

 キャンペーンは2月9日から3月26日までの約1カ月半実施。一般を対象に新幹線の乗車体験ツアーや見学ツアーを行った。参加者から見た北海道観光や新幹線の魅力を道庁のウェブサイト「北海道新幹線つながるNAVI」などさまざまなメディアで発信する。

 北海道新幹線は2016年3月26日開業。初年度(16年3月~17年3月)は1日平均約6200人が利用、乗車率32%だった。ただ、2年目は約5千人、26%、3年目(18年12月まで)は約4900人、25%と1日平均利用者数、利用率とも年々悪化。道、JRは新幹線の高速化をアピールし、利用促進につなげたい考えだ。

関連する記事

JR西日本は7日、ゴールデンウイーク(4月26日~5月6日の11日間)の利用状況を発表した。10連休となったことから、山陽新幹線で227万1千人(前年比29%増)、北陸新…

続きを読む

日本旅行は、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を店頭決済に5月27日から導入する。 株式会社日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長:堀坂明弘、以下 日本…

続きを読む

JR北海道は7日、ゴールデンウイーク(4月26日~5月6日の11日間)の利用状況を発表した。都市間輸送実績(主要4線区特急列車上下計)は33万8900人、対前年22%増と…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube