北武鐡道100周年記念乗車券を発売

  • 2021年12月2日

 秩父鉄道は11月27日、北武鐡道100周年記念乗車券を発売した。

秩父鉄道株式会社(本社:埼玉県熊谷市、代表取締役社長:大谷 隆男)では、2021年11月27日(土)より「急行「秩父路」号ヒストリー記念乗車券」、「北武鐡道100周年記念乗車券」の販売いたします。詳細は下記のとおりです。

【「急行「秩父路」号ヒストリー記念乗車券」について】

「急行「秩父路」号ヒストリー記念乗車券」は、歴代の急行車両「300系」「3000系」「6000系」の写真をそれぞれ入れたカラー硬券で、台紙には急行車両の紹介、同列車の誕生から現在までの時代とともに変化する停車駅の追加、料金の変更、車両の導入・引退時期を年表にまとめました。

当乗車券は、当社に急行列車が誕生してから50年以上が経過したことの記念および、長年、沿線で通勤・通学で利用された方、観光でご乗車いただいた方、急行車両を愛着のある鉄道ファン等に感謝の意を込めて企画いたしました。

「急行「秩父路」号ヒストリー記念乗車券」 イメージ

300系 イメージ

3000系 イメージ

6000系 イメージ

1)販売期間 2021年11月27日(土)~2022年2月28日(月)

2)販売価格 1,000円(長瀞駅から480円区間大人片道1枚、

皆野駅から310円区間大人片道1枚、急行券210円大人1枚)

3)販売箇所 秩父鉄道 羽生駅、熊谷駅、寄居駅、秩父駅、御花畑駅、三峰口駅

秩父鉄道通販サイト「ちちてつ e-shop」

https://www.chichitetsu.jp/html/

※なくなり次第終了

4)券の仕様 D型硬券3枚、B5縦版台紙

【「北武鐡道100周年記念乗車券」について】

「北武鐡道100周年記念乗車券」は、北武鉄道として羽生駅~行田間(現・行田市駅、秩父鉄道本線)の1921年3月の営業開始から100周年を記念して企画いたしました。

当乗車券は、羽生駅~行田市駅間の準常備乗車券2枚に、北武鉄道の誕生から1922年の当社との吸収合併までをまとめた年表と「秩父鉄道五十年史(1950年発行)」等の資料画像とともに紹介する台紙付きの記念乗車券です。

「北武鐡道100周年記念乗車券」 イメージ(1)

「北武鐡道100周年記念乗車券」 イメージ(2)

1)販売期間 2021年11月27日(土)~2022年2月28日(月)

2)販売価格 700円(羽生駅から390円区間大人1枚[準常備乗車券]、

行田市駅から310円区間大人1枚[準常備乗車券])

3)販売箇所 秩父鉄道 羽生駅、熊谷駅、

秩父鉄道通販サイト「ちちてつ e-shop」

https://www.chichitetsu.jp/html/

※なくなり次第終了

4)券の仕様 準常備乗車券2枚、A4版2つ折り台紙

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら