全国旅行業協会総会、「旅行業発展と旅行者の安全を」

  • 2018年7月12日

総会の様子

 全国旅行業協会(ANTA、会長=二階俊博衆院議員、正会員数5623社)は6月28日、2018年度定時総会を東京都千代田区の都市センターホテルで開催した。旅行業界を取り巻くめざましい環境変化に迅速に対応し、旅行業の発展と旅行者の安全、安心のための事業を重点的、効率的に実施するなどの18年度事業計画を決定した。

 公務のため懇親会からの出席となった二階会長は「観光は国の成長戦略の柱として、また、地方創生の原動力として大きく期待されており、国内観光振興がますます重要になっている。旅行業も、このような大きなビジネスチャンスに対応し、事業の発展に重点的に取り組む必要がある。当協会は国内旅行の振興のため引き続き積極的に取り組んでいく」とのメッセージを寄せた。総会の冒頭に近藤幸二副会長(全観トラベルネットワーク)が代読した。

 議事では17年度事業・決算報告と18年度事業計画・予算について審議し、いずれも原案通り承認された。

 18年度は、5年ごとの受講が義務付けられた旅行業務取扱管理者定期研修の実施機関として同研修を的確に実施。旅行業者と旅行サービス手配業者との間の公正な取引の確保など、旅行業法の改正内容の会員への周知と法令順守の徹底の指導に努める。

 国内旅行の振興については、19年2月に「第14回国内観光活性化フォーラム」を福島県郡山市で開催し、地元が誇る観光資源の魅力を全国に発信するとともに、会員活動の活性化、地元自治体などとの連携強化を図る。震災や自然災害などの被災地に対する観光復興支援活動、第13回国内観光活性化フォーラムで採択された高知県送客キャンペーン活動などにも取り組む。

 総会では会長表彰も行われ、企業の部では、由利高原鉄道(秋田県由利本荘市)、ウインズトラベル(福島県いわき市)、鹿島都市サービス(茨城県神栖市)、霞観光(茨城県行方市)、たび倶楽部(栃木県栃木市)、ヤマハリゾート(静岡県袋井市)が受賞した。


多忙のなか懇親会に駆け付けた二階会長


総会の様子

関連する記事

JALは、9月に引き続き「新千歳=仙台線」を増便すると発表した。 JALグループは、2018年度国内線における路線便数計画の一部変更を決定しました。9月に引き続き、高需要…

続きを読む

日本航空グループ(JAL)と全日本空輸グループ(ANA)はこのほど、5月の国内線運航実績をそれぞれ発表した。利用旅客実績は、JALが前年同期比1.3%増の283万7447…

続きを読む

ウィラーは、京都でレストランバスの通年運行を開始する。 移動ソリューションを提供するWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:村瀨 茂高、以下 WILLER…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会