入湯税の引き上げ決める 那須塩原、PCR検査の財源に

  • 2020年10月17日

西須局長(右)と小林部長

 栃木県・那須塩原市観光局の西須紀昭局長と小林紀明事業部長が9月29日、東京都台東区の観光経済新聞社を訪れ、宿泊事業者のPCR検査問題、入湯税引き上げなど、最近の観光事情を説明した。

 市は観光客に安心して来てもらうことを目的に、旅館・ホテルの従業員を対象にPCR検査を実施、入湯税を引き上げてその財源とする方針を打ち出した。

 しかし、宿泊事業者からは陽性が確認された場合の風評被害や、入湯税引き上げによる客離れを懸念する声もあがり、また温泉地によっても意見が分かれるなど、混乱ぶりがテレビでも頻繁に取り上げられた。

 両氏によると、市議会は9月28日、入湯税の条例改正案を賛成多数で可決した。現行150円だが、宿泊料金が1万円以下は50円、1万円超2万円以下100円、2万円超200円を上乗せすることになった。12月1日から引き上げるが、2022年3月までの暫定措置となる。

 29日には、渡辺美知太郎市長と塩原、板室両温泉の関係者による、感染対策と観光振興の両立に向けた「持続可能な観光モデル」合意調印式が行われた。

 PCR検査は10月から月に1回、宿泊施設の従業員ら600人を対象に実施する。陽性者が出た場合は施設名を公表。陽性者には見舞金、事業者には協力金を支給するという。

 コロナの影響で宿泊客が減少していたが、「Go Toトラベル」などもあり、9月4連休は客足も増え、全般的に改善しつつあるという。

 4月に局長に就任した西須氏は、観光振興のキーワードにアウトドアアクティビティや商店街の活性化などを挙げた。


西須局長(右)と小林部長

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram