修善寺温泉、「独鈷の湯公園」を刷新 新たに足湯オープン

  • 2019年2月10日

 静岡県の修善寺温泉は昨年末、同温泉のシンボル「独鈷(とっこ)の湯」右岸にある「独鈷の湯公園」をリニューアルした。昨年4月のトイレ新設に続いて、砂利敷きの公園内のバリアフリー化や桂川に張り出した和風モダンのテラス、テーブル付きの足湯を開湯させた。

 今回建設された足湯付近には、その昔修善寺温泉にあった七つの外湯のうちの一つ「杉の湯」があり、共同浴場として地域住民や観光客に親しまれていたことから、足湯を「リバーテラス・杉の湯」=写真=と命名。「観光客の方々に、川のせせらぎをBGMに、お弁当をテーブルに広げて足湯を楽しんでもらう」と担当者。

 現在、修善寺温泉のシンボルである「独鈷の湯」、日帰り温泉の「筥湯(はこゆ)」、足湯の「河原湯」と「リバーテラス・杉の湯」があるが、将来的には残り三つの外湯を建設し、七つの外湯の復活を目指している。

関連する記事

山形県(吉村美栄子知事)と山形県旅館ホテル生活衛生同業組合(佐藤信幸理事長)は5日、災害時における宿泊施設提供の協定を締結した。災害発生時、県が高齢者、障害者、妊産婦など…

続きを読む

山口県は、観光プロモーション新キャッチフレーズ「YAMAGUCHI MAGIC!」を発表した。 去る3月11日(月)、山口県への誘客拡大につなげるため、首都圏エリアの旅…

続きを読む

岐阜市は、冊子「ええとこたんと岐阜市2019」を発行した。 岐阜県岐阜市(市長:柴橋正直)は、岐阜市の“ええとこ”(良いとこ)を“たんと”(たくさん)紹介する冊子「ええ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube