体験型観光の世界会議「アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット」、2021年札幌開催が内定

  • 2020年2月9日

異文化に触れるのもATの特徴の一つ(阿寒湖アイヌコタン)

アジア初 北海道の認知度向上に寄与

来年9月、60ヵ国から800人が参加

 観光庁と北海道運輸局は1月24日、体験型観光の世界会議「アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(ATWS)」の札幌での21年開催が内定したと発表した。ATWSのアジア開催は初めてで、「世界のAT(アドベンチャートラベル)旅行者の旅行先として、北海道の認知度が飛躍的に向上することが期待される」としている。

 

 北海道では、道庁や札幌市、釧路市、道観光振興機構、運輸局などで組織する「ATWS2021北海道誘致準備会」を設け、誘致を目指してきた。

 内定の段階では、札幌コンベンションセンター(札幌市)を主会場に、来年9月20~23日に開催する。旅行会社、メディア、アウトドアメーカー、観光局・観光協会、ガイドなど約60カ国から800人ほどの関係者が参加する。4日間にわたり、各地でのAT体験や旅行会社との商談会、セミナー、ワークショップなども開く。

 内定を受け、赤羽一嘉国土交通相は次のようなコメントを発表した。

 「ATは地域経済へのインパクト、自然環境や地域社会との調和という点で、持続可能な観光に強い親和性があり、G20の機会を活用して私も主催団体のトップに今回のサミットの北海道開催に向けPRを行った」

 「内定を契機として、豊かな自然と長い歴史に培われた多様な文化を誇るわが国が、世界的なATのデスティネーションとなるよう、国交省として、訪日旅行者の体験滞在の満足度向上に向けた取り組みを推進していく」

 ATWSは世界最大のアドベンチャーツーリズム組織団体、アドベンチャー・トラベル・トレード・アソシエーション(ATTA)が主催し、世界中のAT関係者が一堂に会する国際会議で、2005年に初めて開催された。今年はオーストラリアのアデレードで開催される。

 ATはアクティビティ、自然、異文化体験の3要素のうち、二つ以上で構成される旅行スタイルを指す。北米を中心とした欧米圏で発達したツーリズムの一つで、市場規模は70兆円を超えるといわれている。

異文化に触れるのもATの特徴の一つ(阿寒湖アイヌコタン)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube