京阪電鉄3000系プレミアムカー、AGCのガラスサイネージを採用

  • 2020年5月21日

 AGCは15日、京阪電鉄3000系プレミアムカーにAGCのガラスサイネージが採用されたと発表した。

AGC(AGC株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)と交通電業社(株式会社交通電業社、本社:大阪、社長:相薗岳生)は、京阪電気鉄道株式会社の車両用表示器開発に関して共同で取り組み、この度AGCのガラスサイネージ®「infoverre® Windowシリーズ Bar タイプ」が、2021年1月(予定)より運行を開始する京阪電鉄の3000系プレミアムカー*1に採用されました。車両用側窓と一体化した車外向け行先表示器としては世界で初めて*2の実車両採用となり、また車内の案内表示器にもinfoverre®が採用されています。

3000系プレミアムカー 行先表示機3000系プレミアムカー 行先表示機

 

AGCは視認性とデザイン性に優れ、省スペース化が特徴のinfoverre®を2013年に開発し、ガラスに映像を表示する表示器として鉄道車両、駅のホームドアや発車標など様々な場所に本製品を導入しています。

今般採用が決定した「infoverre®Windowシリーズ Bar タイプ」は、AGCが保有する複層ガラス製造技術と
infoverre®商品開発・製造技術を組み合わせ、複層ガラスの中空層内に液晶ディスプレイを配置した製品で、液晶ディスプレイの制御には、交通電業社の技術が使われています。主な特徴は以下の通りです。

・独自の長距離画像伝送技術を用いて制御機能の一部を分離、外部に配置することで、制御基板を小型化
・総厚26mmの複層ガラス内のわずか16mmの空間に小型化した制御基板と行先表示器を内包し、
省スペースと優れたデザイン性を実現
・液晶ディスプレイと複層ガラスの一体化により、屋外に向けたクリアな視認性と十分な耐久性を兼備
・密閉性の高い特殊な伝送ケーブルの採用により、複層ガラスの省エネ・結露防止性能を確保

infoverre® Windowシリーズ Barタイプ構造図infoverre® Windowシリーズ Barタイプ構造図

今後もAGCと交通電業社は、infoverre®を活用し、乗客の皆様が安全・安心・快適に過ごせる未来の鉄道車両実現に貢献していきます。

<注釈>
*1:京阪電鉄の座席指定特別車両。3000系×6編成では6両を新造して6号車に組み入れてサービスを開始する予定
*2:2020年4月30日現在、AGC調べ

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram