中小企業の景況、「一部に持ち直しの動き」

  • 2009年12月5日

 日本政策金融公庫は11月26日、中小企業景況調査報告の今年11月調査分を公表した。それによると、同月の中小企業の売上DIはマイナス11.8で、前月から4.5ポイント上昇した。ただ、29カ月連続でマイナス値が続いている。同公庫は中小企業の景況を「一部に持ち直しの動きがみられる」として、前月の判断を据え置いた。

 調査は11月中旬、3大都市圏(首都圏、中京圏、近畿圏)の同公庫取引先900社に行った。有効回答数は542社で回答率60.2%。

 売上DI(増加とする企業割合から減少とする企業割合を引いた値、季節調整値)は今年2月のマイナス44.6を底に回復基調にあるが、依然としてマイナス値が続いている。

 最終需要分野別では、家電関連(OA機器等を含む)が18.6、乗用車関連(二輪車を含む)が10.3と、プラス値を記録。家電関連は前月のマイナス11.9からプラス値に転換。乗用車関連は前月の24.2から数値を減らしたものの、プラス値を維持した。

 このほか、衣生活関連(前月比22.8ポイント低下のマイナス33.4)、建設関連(同0.7ポイント上昇のマイナス26.3)、食生活関連(同13.6ポイント低下のマイナス14.2)、設備投資関連(同21.7ポイント上昇のマイナス2.6)はマイナス値となった。

 今後3カ月の売上見通しは、全業種でマイナス5.0。前月の1.9から6.9ポイント低下し、3カ月ぶりにマイナス値となった。

 最終需要分野別では、設備投資関連(19.5)、家電関連(16.6)、乗用車関連(10.7)がプラス値。

 建設関連(マイナス26.7)、衣生活関連(マイナス25.9)、食生活関連(マイナス7.5)はマイナス値と、厳しい見通しとなった。

 このほか、全業種の利益額DI(季節調整値)はマイナス12.9で、前月から0.6ポイント低下した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram