中国・大連金石灘国家リゾート、日本人誘客へ交流会

  • 2019年3月16日

 中国・大連市は2月20日、大連金石灘国家リゾート東京交流会を東京都文京区のホテル椿山荘東京で開催した=写真。

 冒頭、主催者を代表して中国駐東京観光代表処の王偉首席代表が「昨年の中国からの訪日旅行者は838万人。一方、日本からの訪中旅行者は269万人であった。今年は、『青少年交流推進』と『ビジネス出張の延長としての観光促進』を柱として、旅行会社などと力を合わせ、訪中旅行者の拡大に取り組んでいきたい」と述べた。

 続いて大連金石灘国家観光リゾート管理委員会の尚書臣主任が大連観光の見どころを紹介した。

 大連金石灘国家観光リゾートは、大連市中心部から約50キロ離れた大連東北側の黄海沿岸に位置するリゾートエリア。2010年に国家旅遊景区5A級の観光名所に指定された。リゾートの中核は大連海浜国家地質公園。奇石や景観を眺めながら散策できる公園だ。

 交流会には、観光庁の永井一浩旅行振興担当参事官、日本旅行業協会(JATA)海外旅行推進部の權田昌一部長らが出席し、日中の交流促進を呼び掛けた。

関連する記事

全国修学旅行研究協会(全修協、岩瀨正司理事長)は2月27日、東京のアルカディア市ヶ谷で第18回修学旅行ホームページコンクールの表彰式を開いた。大賞の文部科学大臣賞は東洋大…

続きを読む

「カヌチャベイリゾート保育園」は、ミキハウス子育て総研の「子どもを通わせたい保育園」の認定を取得した。 約80万坪の広大な敷地が広がる滞在型リゾート施設であるカヌチャリゾ…

続きを読む

パソナグループは、兵庫県淡路島の創作オリエンタルレストラン「HELLO KITTY SMILE」をリニューアルオープンした。 株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube