ユーコム、ホテルシステムで新バージョン発売へ

  • 2007年12月15日

電子帳票の画面例

電子帳票の画面例

 ユーコムは、ホテルシステム「マネージャーシリーズ」で、帳票類を電子化して、効率よく活用できる新バージョンを発売する。

 帳票類を電子化するメリットは大きく言って3点がある。1つは「セキュリティ」。同社は「帳票を紙ベースで保管している場合、社内の人が持ち出す可能性があるが、電子帳票化することでこれを防げる」と指摘する。また、問題が発生したとしても、ログ取得機能により追跡できるという。

 2つ目は「便利な機能」。調べたい帳票内容の項目をキーワードで容易に検索できる。また、紙の帳票と同様に、付箋、チェック、メモなどの書き込みも可能だ。

 3つ目は「コスト削減」。用紙代の削減はもちろんのこと、ネットワークにつながっている端末で電子帳票を閲覧することが可能なため、帳票の配信費用、時間を削減できる。

 電子帳票に対応するシステムは、宿泊の予約から精算までを管理する「フロントマネージャー」と会議・宴会の台帳管理から見積・精算を管理する「バンケットマネージャー」、レストランのオーダーから精算までを管理するパソコンPOSシステム「レストランマネージャー」がある。

 ユーコムでは今後、マネージャーシリーズから出力される帳票だけでなく、旅館・ホテルがストックしている過去の帳票や印刷物を大型業務用スキャナで読み込み、電子帳票として保存するサービスも手掛ける予定だ。

 この件についての問い合わせ先は、ユーコム(電話086-214-0961)。

電子帳票の画面例
電子帳票の画面例
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram