プレミアムフライデー推進協議会、月末金曜日の実施を継続

  • 2017年12月7日

 経済産業省や経団連などで成るプレミアムフライデー(PF)推進協議会は、今後も月末金曜の実施を継続し、その際各月のテーマを早めに設定、公表することで周知する方針だ。PF浸透に向け、引き続き全国の企業、自治体に働きかけていく。月末は企業が忙しいため、経団連の榊原定征会長が月初めなどへ見直す考えを示していたが、小売業界を中心に月末を支持する声も多く、これまで通りの実施となる。

 協議会は7~8月、個人や経団連加盟企業に対しPFへの意識調査を行った。それぞれ2015人、267社が回答。

 調査結果によると、PFを「知っている」と答えた人が約9割に上り、うち約7割が「内容まで把握している」と答えた。5割弱は「PFに賛同する」としていることから、協議会は「導入から半年経った今でも、休日とは異なるPFに対し、社会の高い期待が明らかになった」と受け止めている。

 年代別では、20代男女の過半数(53%)がPFに賛成、「今後もPFで新しい体験を楽しみたい」と前向きな姿勢を示している。

 PFの過ごし方について聞いたところ、各世代共通して「家でゆっくり過ごした」「外食・お酒を飲みに行った」「買い物・ショッピング」が多かった。使用金額は平均6969円だった。
 企業の動向を見ると、267社のうち約4割が「働き方改革」の契機としてPFを活用、さらにその約4割が実施内容として「振り替えPF」と答えた。協議会は「月末金曜日は難しくとも、企業の状況に応じて早期退社を促す工夫をしているようだ」としている。

 消費喚起の効果については、回答を得られた経団連企業20社のうち、7割が「PFに合わせた販促・プロモーションを通じて来客数が増えた」と答えている。

 協議会は、消費喚起のためのイベント実施は今後も月末金曜を中心に実施することを確認。季節に合わせた推奨テーマを発信することで周知を図る。具体的には、12月は「プレミアム年忘れフライデー」(29日)、1月は「プレミアムはじめるフライデー」(26日)とする。

 PFは来年2月23日で1周年を迎える。協議会は「月末金曜をベースに、振り替えPFなどを含めた柔軟な対応でPFを推進していく」方針だ。

関連する記事

30都道府県がプラスに 観光庁の宿泊旅行統計調査の結果(第2次速報)で、2017年11月の宿泊施設の延べ宿泊者数は、前年同月比2・7%増の4086万人泊となった。30都道…

続きを読む

観光庁の訪日外国人消費動向調査の2017年10~12月期の結果(速報値)で、日本滞在中に民泊(有償での住宅宿泊)を1泊以上利用した外国人旅行者の割合は11・0%だった。約…

続きを読む

観光庁主催「宿泊業の生産性向上に関するセミナー」 東京3月5日(月)、福岡3月8日(木)、大阪3月9日(金)、名古屋3月16日(金)、札幌3月20日(火)で開催。 参加費無…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?