ピーチ 初の中距離国際線 12月に大阪‐バンコク線就航

  • 2022年10月21日

エアバスA321LR

 Peach Aviationは12月27日、同社初となる中距離国際線として、新たに大阪(関西)―タイ・バンコク(スワンナプーム)線を就航する。運賃は片道1万1280円からで、航空券は10月6日から販売している。週6便を運航し、関西とタイをさらに身近にする。

 大阪(関西)―タイ・バンコク(スワンナプーム)線は、国際線としては約3年ぶりとなる新規路線の就航。同社初の中距離国際線として、機材は従来のエアバスA320ceoよりも広いシートピッチで設計されたエアバスA321LRを使用する。

 「フルサービスキャリアと同等レベルの機材の使用で、約6時間半の飛行時間もゆったりと過ごせる」と同社。各座席には充電用USB端子が備わり、機内デジタルサービスで動画コンテンツも楽しめる。

 運航スケジュール(12月27日~来年3月25日)は、MM91便(大阪発、バンコク着)が午後7時30分出発、翌日午前0時10分着で、運航曜日は月、火、木、金、土、日曜。MM92便(バンコク発、大阪着)が午前1時発、午前8時55分着で、運航曜日が月、火、水、金、土、日曜。

 今回の就航について、同社の森健明CEOは、「国内LCCでは初の路線。多くのタイの人から、日本は『行きたい国』として挙げられるなど、タイと日本をより身近に感じられる契機としたい」と話す。


エアバスA321LR

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram