ジャパン・マイス・イヤーのシンボルマーク決まる

  • 2009年12月19日

マイス・イヤーのシンボルマークを発表

マイス・イヤーのシンボルマークを発表

 日本政府観光局(JNTO)は、観光庁、日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)と共催で、8、9日の2日間、日本で唯一のMICE(マイス)見本市、国際ミーティング・エキスポ「IME2009」を東京国際フォーラムで開いた。

 全国のコンベンション・ビューローを中心に82団体・企業が合計106コマのブースを出展。2日間で2956人が来場した。

 藤本祐司国土交通大臣政務官(写真右)は8日朝の開会式で「国交省は『観光』を最も有力な成長戦略の1つに掲げている。全国のコンベンションビューローが出展し、アジアのインセンティブマーケットのキーパーソンが集結する本コンベンションは、日本のインバウンド振興にとって意義深い」とあいさつした。

 IME2009実行委員長の猪口邦子JCCB会長(写真左)は「国際会議は国内観光振興に直結する総合ビジネス。また国際会議誘致は安全保障外交でもある」と話し、MICE(ミーティング、インセンティブ、コンベンション、エキシビション)の重要性を強調した。

 また、藤本国交相と猪口会長は、来年をMICE振興の年と定めた「ジャパン・マイス・イヤー」のシンボルマークを発表した。

マイス・イヤーのシンボルマークを発表
マイス・イヤーのシンボルマークを発表
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram