システムシャインサービス、二酸化炭素濃度測定器を発売

  • 2021年6月8日

CO2 Manager

 システム・シャイン・サービス(東京都豊島区)はこのほど、閉鎖空間の二酸化炭素(CO2)濃度を継続的に測定できる「CO2 Manager(マネージャー)」を発売した。現在のコロナ禍の中、同社によると「CO2濃度測定器を用いて店内を測定し、CO2濃度が一定水準(目安=1千ppm)を超えないように換気や収容人数を調整することが推奨されている」と指摘する。

 製品は、デジタルディスプレイを搭載。CO2濃度をリアルタイムで監視し、色と数値で空気の状態を見える化。過密状態を把握して、換気するタイミングを知ることができる。併せて、温度と湿度も同時に測定する。低湿度状態はのどや鼻などの乾燥を引き起こし、細菌に感染しやすくなるとともにインフルエンザウイルスの生存率が高まると言われている。「確実な換気と空調管理を同時に行うことで、安心・安全な空間づくりを実現する」と同社。

 製品サイズは、高さ93×幅72×奥行き42ミリとコンパクト設計を実現。旅館・ホテルをはじめ、店舗、飲食店、学校、公共施設など、設置場所を選ばない。

 問い合わせ先は、システム・シャイン・サービスTEL03(5996)5407。


CO2 Manager

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら