コロナ関連融資、旅館の72%が利用

  • 2022年4月18日

 帝国データバンクが2月に行ったコロナ関連融資に関する企業調査で、政府系金融機関、民間金融機関による同融資を受けた企業割合は、旅館・ホテルが72.3%と、全51業種中でトップになった。「返済に不安」とする割合も旅館・ホテルが51.5%とトップ。「コロナ関連融資を受けたことにより経営の延命はできたと思うが、急速な景気回復がない限り、返済に支障をきたす恐れがある」と今後を憂慮している。

 コロナ関連融資借り入れの有無は、全業種計で「借りた、借りている」が52.6%、「借りていない」が42.4%、「その他、分からない」が5.0%。

 「借りた、借りている」割合が高い業種は、旅館・ホテルのほか、飲食店(72.1%)、家具類小売(71.4%)、娯楽サービス(68.3%)、繊維・繊維製品・服飾品卸売(67.4%)など。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram