コスト削減・業務改善サービス「コストバスター」、宿泊業向けに「無料オンライン相談窓口」開設

  • 2020年5月17日

 コスト削減・業務改善サービス「コストバスター」は11日、宿泊業向けに「無料オンライン相談窓口」を開設したと発表した。

の度、日本テレマティーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 佐野晃之 以下、NTI)は、コストサイエンス株式会社(千代田区、代表取締役:小倉 朗 以下、コストサイエンス)と共同で運営している宿泊事業者向けコスト削減/業務改善サービス「コストバスター」(https://www.nti.co.jp/jirei_3_6.html)の、新型コロナウイルス感染症対策として宿泊業向けに「無料オンライン相談窓口」を開設します。

新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で、集客・売上が減少し、収益悪化が見込まれている観光・ビジネスホテル、旅館等の宿泊事業者様のご支援を目的としています。

[新型コロナウイルスの流行による宿泊業(ホテル業界)の現状]
【ホテル客室単価3割減 稼働率は東阪は2割台で過去最低】
「ホテル苦境鮮明に新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内のホテル収益環境が急速に悪化している。3月の平均客室単価は前年同月に比べて3割下がった。稼働率は東京と大阪では20%台まで下落。販売可能な1室あたりの収入も過去最低に落ち込んだ。渡航制限や外出自粛で国内外の宿泊客が急減した。休館が相次ぎ、開業の延期も全国に広がる。倒産も出始めるなど、苦境が鮮明になっている。」
引用:2020年4月21日付 日本経済新聞朝刊

■「コストバスター」とは?
コンサルタントにて、様々な観点からお話を伺いながらヒアリングシートを作成します。ご回答頂いた内容を元に、コスト削減のポテンシャル(コスト削減額の概算含め)を診断します。診断結果を分析レポートにまとめ、コスト削減/業務改善施策も含めて、ご報告・ご提案します。併せて、コスト削減/業務改善施策の実行もサポートします。

[コスト削減可能な費目の例]
電気代、ガス代、水道代、電気設備(キュービクル)の保守点検費、エレベータ保守点検費、旅費交通費、採用広告費、複合機代、事務所などのテナントの賃料、保険代・・・など

■サービスの流れ
1.お問合せ先のコストバスター担当へ連絡(メール)
担当コンサルタントがメールにてスケジュールの調整とオンライン相談窓口(WEB会議システム)へご案内します。

2.オンライン相談(WEB会議システム)
WEB会議システムを通じて、担当コンサルタントがヒアリングします。ヒアリング後は、メールでのやり取りを通したヒアリングシートの内容を確認します。

3.分析レポートの作成
ヒアリング内容からコスト削減ポテンシャルを診断(コスト削減額の概算含め)し、コスト削減/業務改善施策のご提案を含めた分析レポートを作成します。

4.分析レポートのご送付(メール)・解説(WEB会議システム or お電話)
お客様宛てに分析レポートをメールにてご送付します。別途、WEB会議システム(または、お電話)にてレポートを解説します。

5.コスト削減/業務改善施策の導入サポート
分析レポートにてご提案させて頂いたコスト削減/業務施策の実行を、担当コンサルタントがサポートします。

■利用料は?
コストバスターのご利用は「無料」です。
※ご提案させていただくコスト削減/業務改善施策の中には、別途費用が発生するものもございます。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram