インバウンド回復に向けて「持続可能性も意識」 観光庁 蒲生長官

  • 2021年2月4日

 コロナ禍で2020年の訪日外国人旅行者数が前年同期比87.1%減の411万6千人となったことについて、観光庁の蒲生篤実長官は20日の会見で、「衝撃的な数字となったが、うろたえず、問題意識を持って考えるときだ」と述べた。インバウンドの回復に向けては、観光コンテンツの磨き上げなどのほか、オーバーツーリズムといった持続可能な観光への課題にも取り組む考えを示した。

 20年の年間値については「世界各国で未知のウイルスへの対応、水際対策などを行ってきた結果であり、やむを得ない面があるが、2020年は本来、訪日外国人旅行者数4千万人を目標として取り組む年であったことを考えれば、非常に残念だ。ただ、わが国の観光資源の魅力が失われたわけではないので、そこをPRし、しっかり磨いていく」と述べた。

 21年の訪日外国人旅行の見通しでは、「感染症などさまざまなリスクがある中で不透明」としたが、インバウンドの回復では、「以前と同じ形に戻すだけではいけない。オーバーツーリズムなどの課題に対し、持続可能性を高めるような観光にすべきという問題意識を共有していく。感染症などのリスクへの強靭(きょうじん)性を持たせないとならないし、住民がインバウンドを受け入れるための配慮も必要」との考えを示した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram