アルピコグループの翔峰、2年の改装工事終えオープン

  • 2018年5月15日

 アルピコグループ・東洋観光事業(長野県茅野市)が経営する翔峰(同松本市)は22日、約2年にわたる改装・リフレッシュ工事を完了し、グランドオープンする。

 「翔峰の食が変わる」をテーマに、昨年の新レストラン、中央殿客室、ホテル玄関のリニューアルを第一期オープンとして、整備を進めていた。

 今回のオープンでは、北アルプスの眺めを楽しめる「展望風呂 美しの湯」=写真はイメージ=の完成と東の館「蒼昊(そうてん)」客室の改装を行い、これによって全館客室のリフレッシュ工事が完了。ほかにも館内随所で改修工事が実施された。

 美しの湯は西の館「天覧」3階に新設された。眼前には北アルプスに向かってせり出す約250平方メートルの水鏡を配し、薄暮の時間帯には水面が目前の山並みを映し出す絶景が広がる。浴室内には「内湯ゾーン」と「半露天風呂ゾーン」があり、内湯ゾーンには天然温泉とシルクバス、半露天風呂ゾーンには天然温泉と炭酸風呂と、合わせて四つの浴槽を楽しむことができる。

 湯上がりラウンジには北アルプスの名水を用意し、ゆったりとくつろげる16席のソファを配置した。夜には、ライトアップされた水鏡の水面越しに松本の夜景も楽しむことができる。

 東の館の客室、蒼昊は5~7階の全室で窓際にフローリングのリビングコーナーを用意。朝夕に表情を変える北アルプスの絶景が楽しめる。リビングには温もりのある木製の家具を配置し、「眺望を邪魔しない高さに調整した」とのこと。また、7階客室には天然温泉のビューバスを設置した。

 そのほか、東急ハンズプロデュースによるキッズコーナーや、24人規模の会議が可能な会議室「やまべ」が新設された。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら