【速報】観光庁長官に髙橋一郎氏

  • 2023年6月27日

髙橋 新長官

国土交通省は6月27日、幹部人事を発表した。7月4日発令の観光庁長官人事では、和田浩一長官が退任し、髙橋一郎国交省海事局長が就任する。髙橋氏は、観光庁次長などを務めた経歴があり、2008年10月に発足した観光庁の9人目の長官となる。

 長官に就任する髙橋氏には、新たな観光立国推進基本計画に掲げられた「持続可能な形での観光立国の復活」に向けた施策の推進が期待される。インバウンド消費5兆円の早期達成、日本人国内旅行消費額20兆円の早期回復などの目標を踏まえながら、観光産業の高付加価値化、持続可能な観光地域づくりなどが課題となる。

 退任する和田氏は21年7月に就任して以来、約2年間にわたって長官を務めた。県民割や全国旅行支援による観光需要の喚起、段階的なインバウンドの再開、観光地・観光産業の再生・高付加価値化事業の推進などに尽力した。

 髙橋 一郎氏(たかはし・いちろう)1988年4月、運輸省(現・国交省)入省。2014年4月観光庁観光戦略課長、15年7月同総務課長、17年7月内閣官房特定複合観光施設区域(IR)整備推進本部事務局審議官。18年7月内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局企画・推進統括官。19年7月観光庁次長。21年7月海事局長。東大法卒。東京都出身。58歳。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒