【速報】観光庁、「Trip.com架空宿泊在庫販売問題」で注意喚起「海外OTAを利用する際はご注意ください!」発表

  • 2018年12月6日

 観光庁は6日、「Trip.com架空宿泊在庫販売問題」を受け、注意喚起「海外OTAを利用する際はご注意ください!」を発表した。発表文は以下の通り。

 宿泊施設の許可なく消費者から当該宿泊施設の予約を受け付け、予約の受付と同時に消費者からキャンセルが出来ない形で宿泊代金を収受するという、消費者保護の観点から問題がある行為を行っている海外OTA(Online Travel Agent)があるとの報道がありました。
 消費者の皆様におかれましては、OTAとの契約条件や、当該OTAが日本の旅行業法登録を受けているか等予めご確認いただくとともに、海外OTAを利用される際には、十分にご注意ください。
 また、当庁では、下記の参考のとおりOTA等の旅行予約サイトを利用する場合の確認事項を整理した啓発チラシを作成・公表しておりますので、併せてご参照ください。

拡大はこちらへ

関連する記事

経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の9月確報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、遊園地・テーマパーク(TP)とパチンコホールの2…

続きを読む

観光庁の「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」(座長・矢ケ崎紀子東洋大学国際観光学部国際観光学科教授)の第2回会合が11月28日に開かれた。日本版DMOの登録法人を対…

続きを読む

文化庁は、「文化庁文化交流使フォーラム2019」を1月30日に開催する。 「文化庁文化交流使フォーラム2019」の開催 〜⽇本の⼼を世界に伝える〜 (第16回⽂化庁「⽂化…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube