【特集・東日本大震災から8年】南三陸で「語り部フォーラム」

  • 2019年3月20日

フォーラムの様子

東日本大震災の記憶や教訓を語り継ぐ「第2回東北被災地2019・語り部フォーラム(あの日から10年・100年・1000年先の未来へ、みんなが語り部)」が2月24日、宮城県南三陸町のホテル観洋で開かれた。国内外から400人超が参加し、震災の体験を後世へ伝承する方策や震災遺構の保存について語り合った。ホテル観洋の主催で、パネルディスカッション、分科会の2部構成で行った。

ホテル観洋の阿部隆二郎副社長は「語り部により、(震災の記憶が)子々孫々まで語り継がれる。いつ、どこでも起こり得る自然災害に備え、防災、減災意識を国内はもとより世界中に広げよう」とあいさつした。

パネルディスカッションは「みんなが語り部」をテーマに、被災地のパネリストらが意見を述べた。

パネリストは野村勝氏(神戸市・人と未来防災センター語り部)、二橋守氏(岩手県宮古市・三陸鉄道旅客営業課長)、山内明美氏(仙台市・宮城教育大学准教授)、後藤一磨氏(南三陸町・南三陸復興みなさん会代表)。コーディネーターを高野登氏(東京都・人とホスピタリティー研究所代表)、コメンテーターを結城登美雄氏(民俗研究家)が務めた。

分科会は「震災遺構の保存と役割について考える」「災害を知る世代から知らない世代へつなぐ」などをテーマに、児童・生徒らによる発表や意見交換があった。

フォーラムの様子

関連する記事

伊豆下田の上原美術館 仏教館・近代館では、企画展「上原コレクション名品選1」を開催している。 個人コレクター上原昭二のまなざしによって集められた上原コレクション。そこに…

続きを読む

青森県観光物産館アスパムで16日から25日まで「ドイツビアフェスト」が開催されている。 青森県青森市にある青森県観光物産館アスパムでは、同館西側特設会場において、8月16…

続きを読む

横浜市は、ラグビーワールドカップ2019開催記念 オリジナルデザイン「みなとぶらりチケットワイド」を発売する。 9月20日(金)に開幕するラグビーワールドカップ2019…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube