【特集】韓国・食の都「全羅道」を巡る 

  • 2018年9月29日

韓国一の「食」の宝庫でグルメ旅

 韓国観光公社は、「2018全羅道(チョンラド)訪問の年」を迎え、ビビンバやトッカルビ、プルコギ、マッコリ、スイーツなど全羅道エリアのグルメをテーマにした「全羅道一千年の美食」を訴求している。今年は全羅道という名前ができて千年に当たる年。半島の南西部に位置する全羅道は、南側、西側が海に面して海産物が豊か。また、土壌が肥え、気象条件も良く韓国有数の穀倉地帯でもある。韓国の飲食店では主菜に対し、たくさんの副菜が添えられるが、ソウルや釜山に比べて全羅道は驚くほど豪華だ。今回は、全羅道内各地の伝統料理や話題のスイーツなどを紹介する。韓国の伝統家屋である韓屋が密集する「全州(チョンジュ)韓屋村」、約16平方メートルの竹林を散策できる「竹緑苑」、朝鮮時代の城と村が残る「順天(スンチョン)楽安邑城(ナガンウプソン)」など観光地とともに「食の宝庫・全羅道」の旅を楽しんでほしい。

拡大はこちら


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら