【本だな】エスキスの料理

  • 2021年12月2日

 誠文堂新光社は3日、「エスキスの料理」を発売する。

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年12月3日(金)に、『エスキスの料理』を発売いたします。

本書は、フランス料理界で高く評価を受けている著者 リオネル・ベカ氏が料理への沸き上がる創造のエネルギー、フィロソフィーを「本人が撮影した写真」「本人の言葉」で綴った一冊です。

銀座にある人気フランス料理店「ESqUISSE」

レストランのオープンから約10年、エグゼクティブ シェフであるリオネル・ベカ氏は、常に独創的な料理を提供し続けています。

著者は、どのような発想のもとで料理を考えるのでしょうか?

食というカテゴライズされた枠を飛び出し、人、文化、芸術、自然、土地、時間、思想などから様々なインスピレーションを受け取り、蓄積した思い感情が、自由な感性のもとで一つに繋がりアイディアとなる、と著者は語ります。

日本で料理を作るためには、日本を深く理解する必要があると著者は言います。

本書では、著者が、日本の原風景を求めて旅する、伝統文化や芸術に触れる、都会の街をめぐるなどして得たインスピレーション写真として捉え、そこから料理に展開するメソッドに着目します。

また、思い描くイメージを料理にするためには、確かな調理技術と多くの厨房での経験が必要不可欠です。

エスキスの料理は、昔ながらの手仕事と新しい調理方法を融合させ、手間を惜しむことなく作られます。本書では、そんなエスキスの料理の、素材の持ち味がより引き立つように緻密に計算されたアイディアソースが詰まった料理レシピ35品を掲載。

リオネル・ベカというファインダーを通して、どのように料理にアプローチしていくのか、その発想と技法を余すことなく紹介します。

【目次抜粋】
Avant propos
第1章 Le temps 時間
第2章 Géographie et intimité 土地、内面への旅
第3章 Humains 人
第4章 Arts et esthétique 芸術、美
第5章 Les trois terroirs 3つのテロワール
Conclusion
レシピ(35品)

【著者プロフィール】
リオネル・ベカ(りおねる・べか)
フランス、コルシカ島に生まれる。
南フランスのマルセイユで育ち、20歳をすぎて料理の世界に入る。
幅広い芸術の素養を持つ母親の影響により、幼い頃より文芸、音楽、絵画など多くの芸術に触れる環境で過ごす。
1997年 ミッシェル・トロワグロのブラッスリー「ル・サントラル」、ミシュラン一つ星レストラン「ギィ・ラソゼ」「ペトロシアン」で研鑽を積む。
2002年 三つ星レストラン「メゾン・トロワグロ」でスーシェフを務める。
2006年 ミッシェル・トロワグロより、東京にオープンする「キュイジーヌ [s] ミッシェル・トロワグロ」のシェフに任命され来日。
5年半同店のエグゼクティブ シェフを務める。
2011年 フランス国家農事功労章シュヴァリエを受勲。
2012年 「ESqUISSE」エグゼクティブ シェフに就任。
「ミシュランガイド 東京 2013」より継続して二つ星の評価を受ける。
ゴ・エ・ミヨ 2018 「今年のシェフ賞」を受賞する。
日本のフランス料理業界を牽引する存在。

【書籍概要】
書 名:エスキスの料理
著 者:リオネル・ベカ
仕 様:B5変判、298頁
定 価:7,700円(税込)
発売日:2021年12月3日(金)
ISBN:978-4-416-52111-3

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら