【月別取扱額10月】KNT-CTホールディングス、台風影響し総販7%減

  • 2020年1月21日

 KNT―CTホールディングスの2019年10月の総取扱額(グループ14社計)は、前年同月比7.0%減の462億9157万円だった。国内旅行が10.4%減の269億2404万円、海外旅行が3.7%減の164億7273万円。外国人旅行は11.7%増の20億3130万円となった。

 国内旅行の内訳は、一般団体が2.7%減(37億1834万円)、学生団体が0.9%減(64億8870万円)。一般団体、学生団体ともに減少し、合計で1.5%減(102億704万円)となった。国内企画旅行は、メイトが16.4%減の38億7135万円、クラブツーリズム国内は12.2%減の93億8574万円となり、合計で13.5%減の132億8959万円。国内個人旅行は減少し、20.9%減の34億2740万円だった。

 海外旅行の内訳は、一般団体は20.7%減、学生団体は6.0%減で、合計が13.8%減の39億6641万円。海外企画旅行は2.2%増の90億640万円、海外個人旅行は5.3%減の34億9991万円だった。

 区分別に見ると、国内一般団体はスポーツイベントやその他大会、会議が増加した一方、台風による豪雨災害の影響で職場旅行や観光、親睦旅行が減少した。国内学生団体は、研修旅行などが増加したが、修学旅行が減少。国内企画旅行では、メイトは中国方面が堅調だったが、台風による被害を被った関東や甲信越、東北方面は不調だった。クラブツーリズムは、北海道(道東)が堅調に推移したが、関東や東北、甲信越では苦戦した。

 前年を大きく上回った外国人旅行は、大型の国際スポーツ大会や国際会議、学会などの取り扱いが増加した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram