【月別取扱額10月】阪急交通社、国内旅行は5%減

  • 2019年1月12日

 阪急交通社によると、2018年10月の旅行取扱額は前年同月比9.8%増の319億654万円だった。うち、国内旅行は4.6%減の133億5530万円だったが、北陸・甲信越では新潟の紅葉名所を巡る商品が人気で、前年比2桁増になったという。

 海外旅行は欧州をはじめ、アジアなどほぼ全方面で前年を上回り、23.1%増の179億5970万円と好調。「特にテレビ通販が成功した香港は伸び率が大きく、153%増だった」。

 外国人旅行は欧米・豪州市場が伸び、26.4%増の5億9154万円となった。

国内旅行は微減 阪急阪神BT

 阪急阪神ビジネストラベル(BT)の10月の取扱額は前年同月比11.5%増の44憶944万円。国内旅行は出張の動きが低調だったが、団体旅行が堅調で、微減の3億2238万円。海外旅行は台風21号の影響で延期になっていた出張需要の戻りなどで13%増の40億8342万円と好調。外国人旅行は74.3%減の363万円。

海外は2桁増 阪神TI

 阪神トラベル・インターナショナル(TI)の10月の取扱額は20%増の3億2811万円だった。国内旅行は32.4%減の754万円、海外旅行が22.3%増の3億2057万円。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram