【日本政府観光局インバウンド最新リポート 103】ベトナム市場 日越50周年でプロモーション JNTOハノイ事務所 吉田憲司 所長


ニータンファミリーを迎えた50周年プロモーションイベント

 2023年、ベトナムは日本関連の話題で大いに盛り上がった1年となった。本年は日越外交関係樹立50周年の記念すべき年であり、ベトナム・日本両国において記念イベントや式典などが数多く開催されるとともに、9月には秋篠宮皇嗣同妃両殿下のご訪越、50周年記念新作オペラ「アニオー姫」のハノイでの世界初演と最大の盛り上がりを見せた。

 この追い風に乗り、訪日ベトナム人数は1月から10月までの間に49万人となり2019年同期比116%となっている。この伸び率は、JNTO重点市場において5番目の伸び率となっており、このペースで推移すれば、今年の訪日ベトナム人数は50万人を超え過去最高となる見込みである。まさに50周年の祝賀の年にふさわしい記録となる。

 外部環境に目を向ければ、ベトナム統計総局が発表した今年の1月から9月までのGDP成長率は4.2%となり、ベトナム政府が年初に掲げた通年目標6・5%の達成は難しいとみられるものの、依然として高い数値である。また、本年4月には人口が1億人を超え、世界で最も人口が多い国のトップ15に仲間入りを果たした。

 旅行業界では、日本とベトナム間の国際線便数は2019年に比べ約120%と高い回復率を記録するが(JNTOハノイ事務所調べ)、これに加え日本の地方自治体(福島県、和歌山県など)とベトナムの航空会社が連携したチャーター便の運航も活発であり、2024年春の桜シーズンには多くのチャーター便運航が予定されている。

 JNTOハノイ事務所は、2022年11月より「日越外交関係樹立50周年を契機とした訪日プロモーション」を開始し2023年末まで実施する予定である。本プロモーションでは、キャンペーン・アンバサダーにベトナムで国民的人気を有するNhi Thang Family(ニータン・ファミリー)を任命して日本の観光地をバックにしたミュージックビデオの作成を行うとともに、ベトナムでも人気の無印良品とコラボレーションしたオリジナルノベルティをプレゼントする訪日旅行予約キャンペーンを行うなど、50周年にふさわしいにぎやかなプロモーションを行い、消費者、旅行会社などから好評を得た。また、在ベトナム日本国大使館の外壁に同館では初となる大型訪日PRポスターの掲示を行い、日越50周年に花を添えた。

 今後は、日本の地域の魅力に関する情報発信を通じた地方誘客促進にこれまで以上に取り組む。現在、ベトナム人が訪日旅行する際の一番人気はいわゆる「ゴールデンルート」(東京―箱根―富士―京都―大阪)であり、日本を象徴するような場所で写真を撮ることが訪日旅行の目的の一つにもなっているが、JNTOが行った調査ではベトナム人の地方訪問意向は比較的高いことが確認されている。ベトナム市場に力を入れる地方自治体などとの連携や旅行会社に対する啓蒙活動などを通じ、日本の地方の魅力をこれまで以上にベトナムで広めていきたい。


ニータンファミリーを迎えた50周年プロモーションイベント

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒