【商品リポート】檜創建、タカラスタンダードとシステムバスを共同開発

  • 2020年4月12日

f:tone(エフトーン)

 木製浴槽・浴室の専門メーカー、檜創建(岐阜県中津川市)はこのほど、システムバス「f:tone(エフトーン)」を発売した。システムバス大手のタカラスタンダード(大阪市)との共同開発で、従来なら難しかった量産体制を確立した。

 製品名は、五感のファイブ(Five)、F分の1(ゆらぎ)、Forest(森林)の「f」と、tone(調べ)をイメージさせる造語。製品のテーマは、「従来にはない、より五感を刺激してくれるエモーショナルな浴槽」。

 檜創建が行う浴槽や浴室づくりは「職人の技」に頼ることが多く、「量産は難しい」(同社)。しかし、タカラスタンダードとの共同開発でこの問題を解消した上、壁面に共振性と耐久性の高いホーローの採用が可能となった。

 さらに、スマートフォンやタブレット端末からブルートゥースで接続できる付属のスピーカーを、簡単に装着できるようにした。これにより、システムバス全体のオーディオルーム化を可能とした。

 プレミアム、スタンダードの2タイプがあり、サイズはそれぞれ2種類を用意した。品番「1616」のサイズは、幅1600×奥行き1600×高さ2130ミリ。同「1620」は(幅と高さは1616と同じで)奥行きが2千ミリ。

 この件についての問い合わせ先は、檜創建TEL0573(75)5400。


f:tone(エフトーン)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram