【データ】第5回「ハワイ旅行意識調査」 ハワイ州観光局調べ

  • 2022年1月7日

 ハワイ州観光局第は12月28日、第5回「ハワイ旅行意識調査」の結果を発表した。

ハワイ州観光局(所在地:東京都千代田区 日本支局長:ミツエ・ヴァーレイ)は、コロナ禍におけるハワイへの旅行意識を明らかにするため、ハワイ州観光局が保有するデータベースを基に全国の男女14,595人を対象に、2021年10月15日 (金) から 11月 8日 (月)までの期間において、第5回目となる「ハワイ旅行意識調査」をインターネットにて実施し、本調査の結果を発表しました。調査対象は、回答者全体の91%にハワイ渡航経験があり、54%がハワイ渡航回数5回以上のリピーターです。

調査結果のポイント:

  • 「コロナ収束後、国内旅行より海外旅行をしたい」と答えたのは全体の73%(前回調査より10.3%減)、そのうち64%が「ハワイ旅行を希望」し、39%が「すぐにでもハワイ旅行がしたい」と回答しています。
  • ハワイ島内での渡航先(複数回答)は「オアフ島」が全体の86.8%を占め、次いで「ハワイ島」で51.9%。
  •  ハワイ旅行の消費額は「10万円以上」が39.4%、「20万円以上」が26.9%。
  • ハワイ旅行への同伴者(複数回答)は、「配偶者・恋人」が56.3%、「二世帯家族(親子)」が54%、「友人(2~3人)」が30.6%。
  • 約70%以上の回答者が、「ハワイでのんびり過ごす」、「ショッピング」、「観光」を選択している。
  • 日本帰国後14日間の自己隔離が障害になると考える層が多いものの、前回調査と比較すると「隔離期間があっても旅行する」と回答した人が4.7%増加し、海外旅行への意欲が向上していると考えられます。
  • ハワイ旅行の予約方法で最も多いのは「個人手配」で全体の41.7%(前回調査より6.5%減)、「旅行会社のフリープラン(店頭申し込み)」が17.5%(前回調査より0.9%増)、「旅行会社のフリープラン(WEB申し込み)」が18.2%(前回調査より2.1%増)。
  • 安全なハワイ旅行のために必要な情報と対策は、「ハワイの最新感染状況」、「ハワイの衛生環境への対応と取り組み状況」、「ハワイの新型コロナウイルス対策・ガイドライン」、「ハワイの医療体制情報」が上位を占めています。

【ハワイ旅行意識調査 概要】
調査期間:2021年10月15日(金)~11月8日(月)
調査対象:ハワイ州観光局が保有するデータベースの全国の男女(主にハワイリピーター)
有効回答数:14,595名
調査方法:インターネット調査
調査目的:コロナ禍におけるハワイへの旅行意識を明らかにする

第1回調査(2020年4月17日~5月30日:有効回答数11,705)、第2回調査(2020年6月1日~7月15日: 有効回答数10,002)、第3回調査(2020年7月31日~8月31日:有効回答数34,554)、第4回調査(2020年10月30日〜11月30日:有効回答数7,912)

※第5回「ハワイ旅行意識調査」の詳細は下記URLよりダウンロードできます。

https://www.allhawaii.jp/business/article/media/509/

 

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram