【データ】新型コロナウィルスによる日本人の動向調査~三連休が”気の緩み”のきっかけに

  • 2020年4月7日

三連休当日の人の流れが9.57%増加、三連休明けの平日は10.39%増加

 オキシゼンは7日、「新型コロナウィルスによる日本人の動向調査」の結果を発表した。

Oxyzen(オキシゼン)株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO:松井康至)は、訪日外国人の国や地域・動向分析サービスである「TRAVEL INSIGHTS」(トラベルインサイト)により、東京新宿の西口地域において、新型コロナウィルスによる日本人の動向を調査し、3月の三連休のいわゆる、”気の緩み”により三連休の当日は前週の週末と比較して9.75%の増、三連休後の平日の人の流れも前週の平日比10.39%の増となっていることが分かりました(対象期間:2020年1月6日~2020年4月5日、母数:22,069カウント)。
■1月からの全体の傾向

1月6日から4月5日までの、訪日外国人を除いた日本人の傾向を見てみると、全体としては強い減少傾向にあることが分かります。特に2月末あたりから3月の三連休程度までは低調に推移していましたが、三連休を境にして人の流れが増加に転じました。3月28、29日の東京都による週末の外出自粛要請時には、それに呼応する形で急減していたことが分かります。

■三連休の”気の緩み”

3月20日(金)~22日(日)までの三連休は、さくらの開花などもあり、外出した人が多かったとの報道がありました。一部ではその行動を”気の緩み”という表現がされていました。では、その”気の緩み”はどの程度のものだったのでしょうか?

三連休当日とその前週の週末とを比較すると、1日の平均のカウント数が9.57%増加していたことが分かります。つまり、三連休ではその前の週の週末よりも約10%多くの人々が西新宿のエリアに外出していました。また、三連休明けの平日では、その前週の平日よりも人の流れが10.39%多くなっていました。つまり、三連休による”気の緩み”は三連休当日だけではなく、むしろその後の平日のほうがより顕著だったことが分かります。

また、三連休の次の週末は、東京都による外出の自粛要請があり、それに呼応して、三連休よりも44.28%の減少となっていました。しかしながら、その次の週末では、外出の自粛要請が引き続きなされたにもかかわらず、前週対比で17.84%の大幅な増加となっていました。つまり、いわゆる”気の緩み”は三連休だけではなく、4月4日, 5日の週末にも現れていました。

観光地の人の流れが激減した報道が見受けられますが、新宿西口のビジネスエリアでは、全体として減少傾向にはありますが、人の流れは一定数存在しています。

■TRAVEL INSIGHTS(トラベルインサイト)とは

Oxyzen株式会社が提供する店舗や施設にIoTセンサーを設置するだけで簡単にはじめることのできる、訪日外国人の国や地域・動向分析サービスです。特許取得済みの独自分析テクノロジーにより、31の国や地域の訪日外国人の動向を分析することができ、国や地域による行動の特性や傾向把握やプロモーション効果測定などのインバウンド対策データとしてご活用いただけます。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram