【データ】主要旅行業49社7月実績、総取扱額0.2%増・国内旅行4.8%減

  • 2018年10月11日

 観光庁が9月14日に発表した主要旅行業49社の7月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比0.2%増の4410億3790万円だった。内訳は、国内旅行が4.8%減の2412億4160万円、外国人旅行が15.3%増の179億2866万円、海外旅行が6.3%増の1818億6764万円だった。

 旅行会社からの聞き取りによると、国内旅行は7月の西日本豪雨の影響で、中国・四国方面を中心に募集型企画旅行のキャンセルが多く発生したことから、前年実績を下回った。外国人旅行は6月に続き欧米豪市場を中心に個人旅行の取り扱いが好調で、前年比増。

 総取扱額が前年実績を超えたのは49社中20社。旅行分野別で見ると、国内旅行は47社中11社、外国人旅行が36社中19社、海外旅行が47社中35社で前年比増となった。

 募集型企画旅行の総取扱額は、7.0%減の1888億2932万円だった。内訳は、国内旅行が7.8%減の1523億9966万円、外国人旅行が5.0%減の5億5984万円、海外旅行が3.5%減の358億6982万円。

 募集型企画旅行の取扱人数は11.0%減の297万3652人。このうち国内旅行は11.1%減の277万9277人、外国人旅行は0.8%増の4万6384人、海外旅行は10.8%減の14万7991人だった。


関連キーワード

関連する記事

一休は10日、「飛鳥II」クルーズプランの予約受付を開始した。 高級ホテル・旅館の予約サイト『一休.com』(https://www.ikyu.com/)を運営する株式会…

続きを読む

H.I.S.は11日、ドバイ政府観光・商務局とドバイへの渡航促進に関する協力覚書を締結した。 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役会長兼社長:澤田…

続きを読む

ジャルパックと跡見学園女子大学観光コミュニティ学部篠原ゼミは11月3~5日、熊本地震からの南阿蘇村の復興を目的に学生が企画したツアー「南阿蘇観光未来プロジェクトモニターツ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube