【シニアマイスター経営の知恵 75】黒船到来 前西武文理大学教授 川名幸夫

  • 2019年1月18日

 明けましておめでとうございます。去年に続き本年も新年のごあいさつを申し上げることになりました。ただ1年前に比べ時間が急速に過ぎていくことに驚くばかりです。

 ホテルマネジメント技能検定試験を3月23日に実施します。昨年、試験の検定委員育成研修会を東京、大阪で12回開催しました。検定委員約150名が誕生しました。今月も若干回残っています。加えて検定委員のレベルを均等にするため、水準調整研修会も予定しています。

 2日間にわたる研修会、その後の水準調整研修会と、なぜそこまでと声も出てきそうですが、当会の検定試験の特色であるケーススタディーとロールプレイングの実技試験に原因があるのです。サービスのスキルではなくマネジメント能力を問う試験だからです。

 従来、ホテルや旅館の評価は「おもてなし」という情緒的な面からであったのを経営的観点から見直そうとするのですから日本のホテル業界にとって重要な問題提起を投げかけていると思います。

 オリンピック、パラリンピックを1年後に控え、訪日客4千万人と予測する日本では、サービス現場での人手不足が深刻な問題となっています。それに勝るとも劣らない事柄にマネジメント人材が不足している点があります。サービス現場だけでなく経営者的観点、マーケティングの観点から捉えられる人材の確保が最も急務の課題と言っても過言ではないと思います。

 この検定試験が世に浸透し、有資格者として認定された暁には転職者が増えると危惧する人がいます。なるほど。しかし、他社に転職される恐れよりも、経営に関する知識を持つ優秀な人材発掘、獲得になると考えることの方が前向きと言うべきではないでしょうか。

 このいわば基準設定である検定試験はホテル業界にとって黒船であると自負しています。後日、そう思い出される日も遠くないと思っています。これ、親のひいき目というのでしょうか。

 (NPO・シニアマイスターネットワーク会員 ホテル業界スタートアップ支援協議会事務局長 前西武文理大学教授、川名幸夫)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube