【いらっしゃいませ!】由布の庄(大分県・湯布院塚原高原)新川淳司さん

  • 2019年6月7日

塚原高原で星空観賞

第1001回よその旅館ホテル

 ――開業は。

 「父が食事処を営んでいましたが、環境が良い塚原高原での宿泊を求めるお客さまの声に後押しされ、1994年に開業しました。部屋は全室離れのお部屋が八つあります」

 ――風呂からは星が見えるとか。

 「露天風呂が4カ所あります。夜には星を望めるように、スイッチで照明が切れる『星見スイッチ』を付けております。満天の星の中に流れ星も見ることができます。寝湯も1カ所にあり、評判が高いです」

 ――食事は。

 「食材は地産地消にこだわり、豊後牛の炭火焼きをメインに、馬刺しや地鶏、山菜の天ぷら、城下カレイなどを使用しております。山の中に宿があり、夜におなかが空くと食べる場所がほかにありませんので、ボリュームを満点にしてお出ししております」

 ――客層について。

 「ターゲットは若いカップルで、20~30代の方が70%を占めています」

 ――外国人客は。

 「最近は年々増えており、今では20%が外国のお客さまです。韓国、台湾、香港の方が多く、ブログやSNSで情報が拡散され、それを見て来たという人も多いです」

 ――課題は。

 「由布院の町から見て、由布岳の裏側の塚原高原という土地柄、移動が大変です。送迎に力を入れています」

 ――塚原高原の魅力は。

 「標高が600~700メートルの高地にあります。冬は雪、春は新緑、夏は田園など自然を感じられる場所です。信号が一つもない場所でのサイクリングなどを楽しんでほしいです」

 ――将来は。

 「外国人客にも優しい宿として評価されるようになりたいです」

【1泊2食1万3千円(税別)から】

【公式】湯布院・塚原温泉 由布乃庄《ベストレート》

 

関連する記事

古美術や古文書展示 第1015回よその旅館ホテル ――歴史のある宿だそうですね。 「江戸後期の天保3(1832)年の創業で私は20代目です。小さな湯宿ですが、浅間温泉が…

続きを読む

「観光基本法」で観光の意義を明記 一般財団法人・地域伝統芸能活用センターの中村徹会長は、観光基本法の制定に尽力し、また日本観光協会の会長を務めるなど、長く日本の観光をリー…

続きを読む

筑後川と耳納連山の眺望 第1014回よその旅館ホテル ――宿で一番のセールスポイントは何ですか。 「全ての客室から雄大な筑後川と耳納連山を眺めることと、アルカリ成分と硫…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube