「日本一を味わって」 福島県、東京で「酒」まつり

  • 2019年9月15日

鏡開きをする内堀知事(中央)ら関係者

 福島県は8月29、30日、東京のJR新橋駅前で同県産の日本酒をPRするイベント「ふくしまの酒まつり」を開いた。県内52の酒蔵が約150の銘柄を持ち寄り販売。特設会場で仕事帰りのビジネスマンらが味わった。初日のオープニングイベントには内堀雅雄知事が参加し、「実際に福島に来て、地元の食とともに味わってほしい」と呼び掛けた。

 内堀知事は「作り手の愛情がこもった酒を存分に味わってほしい。秋は温泉、紅葉が楽しめる季節。福島に来て、疲れた心と体を癒やしてほしい」とアピール。また、前日発生した九州北部豪雨に触れ、イベントの収益金を全て被災地に寄付する意向を述べ、会場から大きな拍手を浴びた。

 福島県の日本酒は全国新酒鑑評会で金賞受賞数が7年連続日本一になるなど、味の良さに定評がある。

「県内の蔵元が受賞のための研究会を開いており、それが影響しているのでは」と同県観光局県産品振興戦略課の担当者。

 福島県の酒まつりは10月26、27日にもJR福島駅前で初開催される。


鏡開きをする内堀知事(中央)ら関係者

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram