「新年度を回復の1年に」 旅館協会関東支部連が通常総会

  • 2022年6月5日

あいさつする渡邊会長

 日本旅館協会関東支部連合会(渡邊幾雄会長、378会員)は17日、ホテルかずさや(東京都中央区)で2022年度通常総会を開催した。会費を通常の半額徴収し、委員会やセミナーの開催を通して会員への有益な情報の提供、同連合会の安定的運営を目指す方針を示した。新年度を回復の1年とするための情報環境整備を目的としてメールアドレスの提供、宿泊実績調査への参加協力も会員に向けて訴えた。

 渡邊会長(栃木県・やまの宿下藤屋)は冒頭、関東の宿泊施設や会員の現況について「県民割が実施されているが東京は除外されるなど、都県間で会員施設の誘客、集客にばらつきが見られる」と述べ、「東京オリ・パラを見越して設備投資を行った施設もあるかと思われるが、入り込みが回復せず、どうしていくべきか悩んでいるところも多いと思う。本日はいろいろな意見を交えながら、会員の皆さまと、当連合会の発展を目指していきたい」と伝えた。協会本部が昨年度まで会費を減免し、今年度からは通常の半額(8500円)を徴収予定である点にも触れ、「会員各位、経営的に厳しいことは承知しているが、当会の存続のためにもご理解いただき、ご協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 同会には阿達雅志参議院議員、国土交通省関東運輸局の岡村清二観光部長が出席し、講演を行った。阿達議員は菅内閣での内閣官房首相補佐官時代の、Go Toトラベル事業をはじめとする観光施策に関するエピソードなどを話した。

 岡村部長は現在同局が関東の観光振興策の一環として行っている「江戸街道プロジェクト」について説明した。「他地方と比べ、関東はブランディングがまだ不十分だ」と分析し、街道沿いの歴史的な観光資源、食や文化などの魅力的なコンテンツを活用する同プロジェクトの意義を説明した。

情報共有など協力求める

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram