「バス比較なび」、バスツアー検索サービスを開始

  • 2019年9月11日

 「バス比較なび」は9日、バスツアー検索サービスを開始した。

カカクコムグループの株式会社LCL(本社:東京都中央区、代表取締役:村上公浩)が運営する全国の高速バス・夜行バスの運賃比較サイト「バス比較なび(https://www.bushikaku.net/)」は、2019年9月9日より、新たにバスツアー検索サービスを開始しました(※1)。

【バスツアー検索サービスについて(https://tour.bushikaku.net/)】
●提供開始の背景
10代~30代の利用者が76%を占める(※2)バス比較なびにて、バスツアー商品を取り扱うことで、若年層の方々にバスツアーの楽しさを知ってもらうため、同サービスを開始することにしました。

●概要
同サービスは、バスツアーを取扱う大手旅行会社(クラブツーリズム株式会社、株式会社阪急交通社、株式会社読売旅行 等)を含む、全国約10,000件のバスツアー商品を掲載しており、横断的にツアーを探すことができます。
希望の日程、料金、出発地、目的地からだけでなく、「グルメ」「温泉」「ひとり旅」「果物狩り」「世界遺産」「テーマパーク」などの旅のテーマからもツアーを検索できます。

(※1)現在は、スマートフォン版のみ。PC版は、今後開設予定。
(※2)2017年8月時点

「バス比較なび」について
月間利用者数が400万人(※3)を超える国内最大級の高速バス・夜行バス・バスツアー比較サイトです。高速バス・夜行バスは、200社・約37,000件、バスツアーは、約10,000件の商品を掲載しています。
またスマートフォンアプリ「バス比較なび」では、乗車券の最安価格を知らせてくれるプライスアラートや検索条件・お気に入りの保存など、アプリだけの機能も搭載しています。
バスツアーの提供開始により、より用途が広がった「バス比較なび」をぜひご活用ください。

<バス比較なび公式アカウント>
・Twitter              :https://twitter.com/hikakubus
・Facebook          :https://www.facebook.com/bushikaku

(※3)月間利用者数について
計測方法は、サイトを訪れた人をブラウザベースで数えた人数であり、1ヶ月の間に複数回訪問した人も1人と数えた場合の正味の人数です。なお、モバイル端末のウェブページ高速表示に伴う利用者数の重複や、第三者による自動収集プログラムなどの機械的なアクセスについては可能な限り排除して計測しています(Google Analyticsで計測)。2019年8月に400万人を突破。

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、中小企業景況調査の8月分を公表した。同月の中小企業の売上DI(前月比で増加の企業割合から減少の企業割合を引いた値、季節調整値)は前月比4.0ポ…

続きを読む

凸版印刷は、デジタルアーカイブデータ上に文化情報を蓄積するシステムを開発したと発表した。 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿秀晴、以下 凸版印刷)…

続きを読む

クレジットカード予約決済システム「JTBBook&Pay(ブックアンドペイ)」などを提供しているJTBビジネスイノベーターズ(JBI、東京都港区)は8月28日、東京都内…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube