SDGsの取り組み発表 第13回「日旅連塾」開講

  • 2022年11月27日

北海道支部連合会の発表

 日本旅行協定旅館ホテル連盟(日旅連、桑島繁行会長)は10日、東京のホテルメトロポリタンエドモントで第13回「日旅連塾」を開いた。日旅連の全国12支部連合会などが進めるSDGs(持続可能な開発目標)達成につながる商品造成などの取り組み事例を担当者らが発表。「デジタル」「メタバース」をテーマとした講演、発表も行った。

 塾は日旅連の「営業推進委員会」メンバーなど若手経営者らを対象に2009年から実施。今回は日旅連と日本旅行による「SDGs共同宣言」の締結(今年3月)に伴い、連盟の支部連合会が日本旅行の各地の企画・仕入センターなどと進めるSDGsの目標達成につながる商品開発の事例を中心に発表した。

 北海道支部連合会と日本旅行北海道企画・仕入センターが進める「知床地区の生物多様性をより深く知り、知床での滞在を充実させるプログラム開発」は、観光客による野生動物への過度な接近や餌やりで知床地区の生態系への悪影響が懸念される中、同地区の自然を次世代につなぐ取り組みとして、生態系を傷つけずに同地の観光を楽しむ企画を開発。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram