SDGsに関する調査、知りつつも取り組んでいない企業が半数

  • 2020年8月7日

24%の企業が積極的

 帝国データバンクは6月、SDGsに対する企業の意識調査を行った。「意味および重要性を理解し、取り組んでいる企業」が8.0%、「意味もしくは重要性を理解し、取り組みたいと思っている企業」は16.4%で、合計すると24.4%の企業がSDGsに積極的だった。

 SDGsは、国連の「2030年アジェンダ」に掲載されている持続可能な開発目標で、政府や行政機関のみならず民間企業の経営方針としても注目が集まっている。

 SDGsに積極的な企業割合を規模別に見ると、大企業が34.9%で、中小企業(同22.1%)と小規模企業(同19.0%)を大きく上回っている。

 このほか「言葉は知っていて意味もしくは重要性を理解できるが、取り組んでいない企業」が32.9%、「言葉は知っているが意味もしくは重要性を理解できない企業」が14.8%と、SDGsの存在を認知しているものの取り組んでいない企業が半数近くに上った。

 SDGsの達成に貢献することによって、どのような企業価値の向上に役立つと思うかを尋ねたところ、企業好感度に関して53.3%の企業が「そう思う」(「非常にそう思う」と「ある程度そう思う」の合計)と回答した。社会的評価に関しても50.4%の企業が「そう思う」と回答しており、SDGsに取り組むことで社外からの見られ方に好影響があるとする意見が強い結果となった。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら