ONSEN・ガストロノミー推進機構、クラツーなど新たに入会

  • 2018年8月28日

2018年度のイベント開催予定

ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構(涌井史郎会長)はこのほど、東京都港区の汐留シティセンターで2018年度社員総会を開催した。新会員としてクラブツーリズム(クラツー)などが入会。副会長には新たに全日本空輸(ANA)の平子裕志社長が就任した。今年度は、昨年以上にガストロノミーウォーキングイベントを開催し、活動を広めていく。

事業報告では、ONSEN・ガストロノミーウォーキングのイベント実施計画を発表。18年度は、昨年度の16回の実施を上回り、24回以上開催する。今年は新たに北海道稚内市などが参加する。また、イベントの浸透、情報発信を目的に新潟県新潟市、鳥取県湯梨浜町・倉吉市、千葉県いすみ市の開催では、イベント前日にシンポジウムの実施を予定している。

人会員組織「ONSEN騎士団」は、会員向けサイトの開設や情報発信を進め、5年間で3万人規模の組織を目指す。

企業会員は、正会員としてミュージックセキュリティーズ、クラツーの2社、一般会員として三十三フィナンシャルグループ(FG)、清水建設、相鉄ピュアウォーター、十六銀行、ソラシドエアの5社が新たに入会。正会員10社、一般会員9社となった。クラツーは、ONSEN・ガストロノミーウォーキングをテーマにしたツアーの販売を実施する。三十三FGは、湯の山温泉の活性化などに取り組む予定。
役員体制では、ANAからは平子社長が副会長として就任するほか、マーケティング室観光アクション部の藤崎良一部長も理事として加わり、ANAからの支援を強化する。

ONSEN・ガストロノミーツーリズムは、観光庁の2018年度「テーマ別観光による地方誘客事業」に選定。(1)長期滞在の調査研究事業(2)機運醸成、情報共有事業(3)海外へのPR強化事業―に取り組む。

「ONSEN・ガストロノミーは、その土地を歩き、その土地ならではの食を楽しみ、歴史や文化を知る旅。欧米で普及している旅のスタイルを、地域と密着しながら実施し、地域創生によい効果をもたらしていきたい」と同機構の小川正人専務理事。


2018年度のイベント開催予定

関連する記事

福井県越前町は、越前がにの競り見学や地元でしか味わえないズボガニを味わう「越前がにセリ見学とズボガニ満腹ツアー」を2月23日に催行する。 【催行日】2019年2月23日(…

続きを読む

リクルートライフスタイルが17日発表した「じゃらん 行ってみたい冬の絶景スポットランキング」 は、1位つなん雪まつり、2位十和田湖冬物語、3位木曽路氷雪の灯祭りなどとなっ…

続きを読む

熊本県和水町と江崎グリコ(大阪市)は昨年秋から、「江崎グリコ×金栗四三」企画展を開催している。「日本マラソンの父」と称される金栗四三ゆかりの品を展示し、その偉大な足跡をた…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube