LINEで接種証明 東武トップ、「スマートコロナパス」運用開始

  • 2021年11月6日

アプリの画面

 東武トップツアーズは、ソーシャルデータバンク(東京都港区)、アローリンク(兵庫県神戸市)、NoCode Japan(東京都足立区)と共同で、ダウンロード不要のワクチンパスポートアプリ「スマートコロナパス」を開発し、21日からの観光庁実証事業で運用を始めた。21日には、同社来年度入社予定者を対象とした技術実証を東京スカイツリー内で実施した。旅行先や飲食店、イベント会場で、ワクチン接種状況やPCR、検査結果の提示の煩雑さを解消し、旅行者の利便性を高める。

 スマートコロナパスはLINE上で動作する民間のワクチンパスポートアプリで、自治体や観光事業者、イベント事業者などのLINE公式アカウントと友だちになることで、専用アプリのインストール不要で各種サービスを利用できる。ワクチン接種済証、PCR検査や抗原検査の結果を事前に登録することで、訪問先での証明がスムーズになり、確認作業の煩雑さの解消、密回避などを実現する。旅行催行者が設定したツアーの日程、ルート、見どころも表示できるなど、ツアーのガイドブックとしての利用も可能。

 21日の技術実証では、同社来年度入社予定者58人が同アプリを担当者に掲示し、スムーズに東京スカイツリーへの入場を行った。参加者からは、「LINEは普段から使っているので、難なく利用できる」「アプリが普及され、利便性が高まってほしい」などの声が上がった。

 営業統括本部法人事業担当の濱崎真一取締役は同アプリについて、「旅行業者やバス会社など、団体旅行実施時にぜひ活用してほしい。旅館やホテルでは、夕刻のチェックイン時、従来の作業に接種証明確認作業が加わり、密が発生しやすい。接種証明をアプリ化し、さらに宿泊者に証明を事前に各施設に送ってもらえれば、チェックイン時の混雑回避にもつながる」と導入メリットを説明。「バス会社や宿泊施設などの観光関連事業者、各自治体で実施中の域内割引事業などでも活用できる」と、同アプリの汎用性の高さに自信をのぞかせた。


アプリの画面

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら