JTB旅連事業、宿の人手不足 課題解決へ 外国人雇用を手助け

  • 2022年11月26日

マッチング相談会、29日から開催

 JTB旅連事業は、旅館・ホテルで深刻化する人手不足の課題の解決策として外国人人材を雇用する機会を提供するサービスを始める。同社が窓口となりJTB協定旅館ホテル連盟の会員と複数の派遣業者をつなぐWEBでのマッチング相談会を29日から開催する。

 新サービスの目的は3点。(1)水際対策の緩和に伴い見込まれる宿泊需要の獲得機会の最大化を図る。(2)多様な人材の活用により各会員組織内での新しい価値提案や風土改革を醸成する機会につなげる(外国人人材を安い労働者と考えるのではなく、新たな価値を創造する「人の財産」として育成する)。(3)外国人に日本ならではのおもてなし文化を学んでもらう人材教育によって送り出し国の産業振興に貢献し、業界や会員施設のイメージ、価値の向上を図る。

 同社が窓口となり宿泊施設と外国人人材の派遣業者をつなぎ、特定技能人材、技能実習生、高度専門職や永住者、定住者、留学生などの求職者とのマッチングを促進。宿泊施設が良い外国人人材を素早く、簡単に採用できる仕組みを提供する。

 派遣業者は3社の選定を予定。採用・派遣料については、通常よりも割安な会員特別価格を設定する。採用に関わる煩雑な諸手続き業務が省略できるフルサービスメニューだけでなく、登録支援などの公的手続き業務のみを受託するメニューも用意する。

 同社の戒田智彦代表取締役は「会員施設での外国人材の活用法や、就労している外国人人材へのインタビューによるモニタリング、定着率などのデータ収集・分析などの結果を会員施設へフィードバックし、この取り組みの価値向上につなげていく」と語る。

 年内のマッチング相談会は29日と12月15日に開催。会員施設と留学生との直接的なマッチング会も計画している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram