JTBグループ中間決算 営業赤字46億5800万円 国内旅行は回復

  • 2022年11月29日

山北社長

 JTBは11月18日、JTBグループ2023年3月期中間期連結決算を発表した。売上高は前年度比114.8%増の3862億5100万円、営業損益は46億5800万円の赤字だったが、前年度よりも284億2100万円の改善。業績回復の理由として、(1)国内旅行の回復(2)旅行以外のビジネスの拡大(3)構造改革効果による経費増加の抑制、の3点を挙げた。通期では営業損益で前年度比112億円増となる63億円の黒字、最終利益でも黒字を目指す。

 経常損益は同260億2800万円の赤字から22億2900万円の赤字、当期純損益は67億3300万円の黒字から28億9400万円の赤字に。連結対象会社数は国内21社、海外86社、持分法適用会社19社の計126社(22年3月末より4社減)。従業員数は1万9091人(21年9月末より1527人減)。

 記者発表会で山北栄二郎社長は「国内旅行市場は行動制限の緩和で個人旅行は大幅に伸び、旅行以外のビジネスでも取り扱いを拡大した。当中間期の純利益は黒字には及ばなかったが、業績は大幅に改善した。着実な回復によって通期は最終利益で黒字を見込んでいる」と語った。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram